高齢化社会に備えて

日曜日, 7 7月 2013

高齢化社会になっていますが、あなたもいずれは高齢者になるわけです。今日における日本の高齢者向けのサービスはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。年齢を重ねれば段々病気・怪我を患う可能性も高くなります。

caremanager

病気にかかってから家族やその他の方による介護が必要になることもあります。日本では介護保険制度という介護が必要になった場合に役立つ制度が整えられているのです。

まだまだ年齢的に関係ないと思っている人もいらっしゃるかもしれません。しかし、保険料は40歳から支払いが始まっており、早い人なら若くても利用することになるかもしれません。

病気はいつやってくるかわかりませんし、介護が必要になるというのはもしかすると明日なんてこともありえます。10年後かもしれませんしもっと先の話になることもあるでしょう。誰にも予測がつかないことですので、そのときに知らなかったらせっかく受けることができるサービスも受けることができないかもしれません。

このサイトでは介護保険のサービス、利用方法についてしっかりとまとめていきます。ぜひ勉強をして、いつか自分が必要になるときのために知識として備えておくと安心でしょう。

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは

みなさんはケアマネジメントという名前はご存知でしょうか。名前は知っているが、どのような仕事をしているのかはなんとなくしかわからない。という方に向けて紹介していきます。

介護サービスには様々な種類があります。こちらで紹介する予定なものは、現在ない制度の物もありますが、こういうのもあったという背景を知っておくと便利かもしれません。

居宅サービスとは
施設サービスとは
介護予防サービスとは
地域密着型サービスとは
高齢者サービスについて
介護保険制度

要介護としてこれらのサービスを受けるためには認定を受けなければいけません。それについても詳細を説明していきますので、どのような流れになっているのか理解することができるのではないでしょうか。

また、介護保険は改正されています。その中でも重要となる介護保険が改正されたその内容についても見ていきましょう。気になる介護保険料についても紹介していきますので、お金の話も知っておいたほうが安心かもしれません。

まだ元気かもしれませんが、いつの日か利用することになるかもしれないことをしっかりと勉強しておいたほうがいいでしょう。